キラメキ女子MAGAZINE

続かないダイエットを今度こそ成功させるために知っておくべきコツ

ダイエットが続かない。何度もダイエットに挑戦してみたは良いものの、どうしても長続きさせることが出来ない。

そんな悩みを抱えているあなたに、諦めてほしくない!今回は、“続けること”を意識して、ダイエットについて一緒に考えていきましょう。

 
■ダイエットが続けられないわけはここにあり!

そもそもダイエットを続けることが出来ないのはどうして?ダイエットに挑戦しようとしている人は誰でも、最初は絶対に成功させたいと思って始めるはずです。

最初から、今回もだめかもしれないと思いながら始める人は、あまりいないのではないでしょうか。そんな強い気持ちを持ちながら始めても、なかなか続けることが出来ないのがダイエットです。それには、いくつかの理由があるのです。

 
〇脳がストレスを感じている

ダイエットは食べたいものを“我慢する”ことや、体に運動で“負荷をかける”ことで行われますが、その方法は“ストレスを掛ける”ことが基本になります。つまり、ダイエットそれ自体が、体にとってストレスとなるのです。

特にそのストレスを敏感に感じ取っているのが「脳」です。1日の中で様々な活動をしている脳は、多くのエネルギーを必要としています。

しかし、無理な食事制限や運動療法で、脳が必要とするエネルギーが不足し、運動に使われてしまったら、脳はエネルギーが不足している状態となります。その状態は、脳にとって危険信号です。

もっとエネルギーを摂取するように指令を出し始めるので、いつも以上に空腹感を感じたり、ちょっとだけ食べるつもりが、いつの間にかドカ食いをしてしまうことにつながるのです。そのため、脳がストレスを感じるようなダイエットは、長く続けられません。

 
〇無理なダイエット計画を立ててしまっている

人は誰でも、結果を出すことが出来ないとモチベーションを維持することが難しい物です。ダイエットを頑張りたいと言う気持ちは、実際に痩せていかないと維持することが難しくなります。

そのため、出来るだけ早く結果を出そうと焦り、無理なダイエットスケジュールを組んでしまい、結局は計画倒れになっているなんてことありませんか?

このように、ダイエットがうまく行かない大きな理由の一つに、無理なダイエット計画を立てていることが上げられます。

 
■続くダイエットを始めよう!

それでは、どのようなダイエットなら、続けることが出来るのでしょうか?ここでのポイントは、「脳にストレスを与えない事」「無理なダイエットスケジュールを立てない事」です。

その上で、お勧めのダイエット方法が“ゆる痩せ”になります。その名の通りゆるーく痩せていく方法ですが、この方法を続けることでダイエットをより楽に続けることが出来るようになり、長い目で見ると10㎏や20kgの大幅なダイエットも可能になります。

ダイエットの2つのポイントを抑えながらゆるく痩せるためには、日常生活を脳が負担を感じない範囲内で少しだけ変え、その変化を習慣化させることが大切になります。

例えば、私たちは歯を磨くことに負担を感じませんが、これは歯磨きが当たり前になっているからです。同じように、ダイエットに繋がることを習慣化し、日常生活に組み込んでしまうことで、少ない負担で痩せていくのが“ゆる痩せ”です。

ゆる痩せには色々な方法がありますが、その方法をいくつか組み合わせて、効果が出やすいダイエット方法を継続してみてください。今回は、ここでは2つのゆる痩せダイエットを抜粋してお伝えしていきたいと思います。

 
■お勧めダイエットの紹介

○野菜スープダイエット

食事に野菜スープを取り入れることでダイエット効果を狙う“野菜スープダイエット”です。脂肪燃焼効果が高いと言われている野菜を積極的に取り入れることで、好きなだけ食べても痩せると言われているこの方法は、食べることが大好きな人にお勧めです。

野菜には食物繊維もたっぷりと含まれているので、便秘の解消にも高い効果が期待できるとされています。

そのやり方は、とても簡単。玉ねぎ・トマト・セロリ・キャベツ・人参・きのこ類を煮込んだ野菜スープを食事の代わりに食べるだけです。野菜スープであれば何杯食べても大丈夫です。

味付けは胡椒やコンソメなどでシンプルにしましょう。本来であれば野菜スープを食事に置き換えるダイエットですが、ゆる痩せダイエットの場合は毎食前に野菜スープを1杯のみ、炭水化物を少し控え目にするところから始めてみましょう。

 
○気づいたときダイエット・習慣ダイエット

ダイエットを毎日の習慣に取り入れるのに最適な方法が、気づいたときダイエット・習慣ダイエットです。

例えば、鏡の前に立った時だけ10回スクワットをする。ご飯を作っている間にかかとの上げ下ろしを20回行う。TVを見ている時CMの間に腹筋を20回行うなど、毎日の生活の中で気が付いた時にちょっとした運動を取り入れるのがこの方法です。

運動のために時間を作る必要が無く、手軽に挑戦することが出来ます。また、運動量も少ないため継続しやすいのがポイントです。その反面、ルールを忘れがちになってしまうので、一度決めたルールをしっかり守るように心がけてみてください。

 
■まとめ

続けるためダイエット。それは、「脳にストレスを与えない事」「無理なダイエットスケジュールを立てない事」がポイントの、ゆるく痩せることを目指したゆる痩せダイエットです。

毎日の食事をちょっと工夫する、毎日の生活の中にちょっとした運動を取り入れる、ストレスを感じさせない程度のダイエットを習慣化させることで、長い目で見ると大きな効果を期待できるゆる痩せダイエットにぜひ挑戦してみてください。