キラメキ女子MAGAZINE

意外?ダイエットに成功するコツ

ダイエットに成功するコツ

キツいダイエットをして成功してもリバウンドに悩まされたり我慢ができなくなってしまって結局ダイエットができなかった、という覚えはありませんか?
でも、「痩せたい…!」という思いはありませんか?

ここでは、成功者の体験談を交えながら無理のないダイエットを目指しましょう。

気づいたときダイエット、習慣ダイエットってなに?

あまり聞きなれない言葉ですよね?この言い方なら聞き覚えがあるのではないでしょうか?
「ながらダイエット」と「置き換えダイエット」この2つはよく聞く言葉ですよね?ではこの2つ詳しく言うとどんなものなのでしょうか?

○ながらダイエット

詳しいやり方は後でお話しますが、お皿洗いやお風呂掃除、掃除機など普段何気なくやっている家事もダイエットをするための重要な動きがあります。
効果はなんと、ジムに行ってる方はそれと同じくらいかそれ以上になります。そんな家事ダイエットも意識して行う事で普段使わない筋肉を使うので脂肪燃焼をしやすいのです。

○置き換えダイエット

これは食事にも言えますが、運動面でも言えます。
例えば、車で通勤している方は一駅分歩いて電車通勤にしてみたり、野菜を食べる習慣が無いなら普段のおかずの1つを野菜をメインにしたおかずに置き換えてみるなどがあります。

○注意すること

我慢をしてしまうとストレスで太ってしまったり、ダイエットが続かなかったりしてしまいます。
例えば、あなたは甘いものを食べることが好きだとしましょう。心構えとしては「友人と会うときは楽しんでデザートを食べよう」や「コンビニスイーツではなく専門店のものを食べよう」などといったものでいいのです。

なにかを我慢するのはそれだけで労力を使ってしまいます。
ですので、普段シャワーだけでなく済ませてしまっている方は湯船に浸かる。夜更かしして朝起きられない方は早寝早起きを心がける、それだけでいいのです。
長期間のダイエットを目指して行いましょう。

気づいたときダイエットと習慣ダイエットの効果って?

どちらも、共通した効果があります。
体重が減った、というのはともちろんですが「肌の艶が良くなった」や「背筋が良くなったから、腰痛が無くなった」「リバウンドをしなくなった」等という意見が多いのもこちらのダイエット法です。

○気を付けることってある?

もちろんあります。普段使っている筋肉が均等でなければ筋肉バランスがずれてしまって太りやすくなってしまいます。
例えば、いつも同じ側の肩にカバンをかけている、脚を組んで座る、食べ物を片側だけで噛んでいるなどがあります。
なので筋肉をつけるダイエットをするときはこのことをしないように気を付けていくと綺麗な体型で痩せることができます。

ながらダイエットのやり方と置き換えダイエットってどうすればいいの?

ここでご説明するのは家事をしながらするダイエットです。家事なんて毎日やってるから大丈夫!なんて思ってる方も見てみてくださいね。

○お風呂掃除ダイエット

効果はウエストに括れを作ることができます。やり方は簡単ですいつものお風呂掃除をするだけ。ただし、気を付けることは
①浴槽に向かい合うのではなく、浴槽と少し距離を開けて横向きにかがむこと。
②浴槽とは反対側にある手で磨くこと。
この2つです。そうすることでウエストを大きく動かせます。背筋もしっかりと伸ばしてお風呂掃除をすると綺麗になるだけでなく、ウエストラインに括れができる運動ができるのです。

○洗濯物干しダイエット

この効果はスクワットをすることで太ももとお尻を引き締められます。やり方は
①洗濯カゴを床に置く
②片足を前に出し、背中が曲がらないように正しい姿勢を保ちながら膝を曲げて腰を落とす。
③洗濯物を取ったら、膝を伸ばして立ち上がる。
この3段階です。10回くらいで前後の脚を入れ換えましょう。

○お皿洗いでシェイプアップ

お皿を洗いながらでもダイエットができます。これは全体の筋肉を使うので習慣づけさせたいですね。
①脚を肩幅に開く
②背中を伸ばし、腹筋に力を入れてを背中側に引き寄せる
③かかとを上げて爪先立ちになる。
10秒数えてかかとを下ろす、また上げるを繰り返していきましょう。

○置き換えダイエット

これはさっきもお話しした通り通勤の仕方を気を付けたりなどもですが、ここでは基本的な置き換えダイエットを紹介しましょう。

朝はグリーンジュースが便利

朝って時間に追われますよね?特に女性はお化粧に洗濯物などやることの多いこと!朝食をグリーンジュースに置き換えてみるのはどうでしょう?

例えば、筆者がやっているのはヨーグルト味の黒酢、牛乳、バナナ、リンゴ、キャベツをベースにそれ以外はその時にあったものをいれています。
スモモを貰うときがあったときはスモモを2つ入れてみたり、夏蜜柑の砂糖漬けを貰ったらそれを入れてみたりしてました。これが意外にもお腹に溜まるのです。バナナのおかげですね。黒酢とキャベツのおかげで便秘気味だった筆者はお通じも良くなりました。
材料を切る時間も惜しい時は時間の有るときに1回ずつを切って冷凍庫に入れておくと手軽に利用できます。スムージのようになって飲む食感が変わりますし、旬の果物や野菜を入れることで季節を感じることもできてオススメです。

あとの食事はいつも通りにしていました。とはいえ、炭水化物は少な目にしたりササミなどの低カロリーなものを取り入れたりしていましたので食べる量は減ったと思います。

まとめ

意外にもすぐに出来るものが多かったですよね?習慣づけるまでは大変ですが習慣にさえしてしまえば痩せやすい身体作りをしながらダイエットができるのです。

これに加えてレコーディングダイエットをプラスしたり、ウォーキングなどをして身体を動かすのも重要です。
特にレコーディングダイエットは、自分の摂っているカロリーなどが一目瞭然でわかるので改善点が見つけやすくていいと思います。
もし、食事制限をするときなどで「どうしても我慢できない!」と言うときはジャーキーやドライフルーツ、ナッツをゆっくり噛みましょう。ゆっくり噛むことで満腹中枢が刺激されるので少ない量でも満足できるのです。
ダイエット成功者の体験談を読んでいると、変わったダイエットもありました。例えば、朝と夜はプロテインやグリーンスムージーとチョコレートでお昼はカロリー計算した食事をしてダイエットを成功させている方もいました。
ダイエットが停滞してしまった方は成功した方のやり方を取り入れると良いでしょう。やり方を変えることで気持ちが変わったり、身体が新しいやり方なのでまた効果を得られることがあります。

そして、なにより大切なのは「我慢をしないこと」と「身体を大きく動かすこと」この2つです。
ダイエットとはゴールの無いものなのです、なので生活に取り入れて長期間出来るようにしているのが大事なことですし、成功した方の体験談を読んでいるときに書かれていることだったのです。
無理の無いダイエットをすることで健康的な生活習慣になるだけでなく、痩せた自分を維持できるのです。女性にとってはこれ以上のダイエットの喜びと達成感はないと思います。

皆さんも自分に合ったダイエット方法と家事ダイエットなどを組み合わせてみてくださいね。筆者は朝のグリーンジュースと家事ダイエット、それとウォーキングを試していこうと思います。