キラメキ女子MAGAZINE

二日酔いを知ろう!

二日酔いの原因~日本人はお酒に弱い?~

酒は百薬の長と呼ばれていますが、酒を飲むと、様々な健康を害する症状が表れます。「二日酔い」と言いますが、その症状も様々で「頭痛」「吐き気」「だるさ」「食欲不振」「めまい」「ふらつき」「筋肉痛」「睡眠障害」があります。

では、どうしてこういった症状が出るのでしょうか?二日酔いは主に飲みすぎてしまうことで、自身のアルコール分解能力(アセトアルデヒドの代謝能力)を超えてしまい起こります。

特に、日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きについて次のような特徴があります。働きが弱い「低活性型」や全く働かない「失活型」の方が多いため、お酒に弱く二日酔いになりやすいといえます。

アルコールは利尿作用があります。水分ですから当然ですが、それだけではありません。体内には水分調節をする抗利尿ホルモン(バソプレシン)がありますが、アルコールはこの分泌を抑える作用があります。

トイレが近くなるのはそのためです。そして必要以上に尿が排出されるため、脱水症状を起こしてしまうことがあります。のどが渇き、頭痛という症状を引き起こすと考えられています。

また、日本酒に多く含まれるアデノシンやアセトアルデヒド、酢酸は血管拡張作用があり、ます。これが長く続くと血管が炎症を起こし、ズキズキとした頭痛を起こすこともあります。

アルコール分解のために肝臓が働くと糖分が不足します。脳が働くためには糖分が必要です。糖分が不足すると「低血糖」になり、身体のだるさ、頭痛、筋肉痛といった二日酔いの症状が出ます。

そして、アルコールは胃酸の分泌を促しますので、胃酸過多の状態を引き起こします。そのため、アルコールを摂りすぎると、「吐き気」「食欲不振」を起こすことになります。

二日酔いの症状~どんな二日酔いになりますか?~

二日酔いには「頭痛」「吐き気」「だるさ」「食欲不振」「めまい」「ふらつき」「筋肉痛」「睡眠障害」がありますが、お酒の種類や、タイミング、人によって症状が違います。

○睡眠障害、片頭痛の悪化

お酒を飲むと眠くなる、と思われがちですが、眠れない、というのもあります。日本酒に含まれるアデノシンやアセトアルデヒド、酢酸はストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれる働きがあります。

アルコールは交感神経を緊張させますので、血行が悪くなり体が冷え、心拍数が増えてドキドキしたり眠れなくなるという「睡眠障害」を起こすことがあります。

ところが、血管の拡張が長く続くと、血管が炎症を起こし、ズキズキとした頭痛になります。

アルコールに含まれるサイトカインは、体内に炎症などのトラブルが起こると細胞同士で伝達しようと働きます。アルコールはこれを脳の血管の周囲で増加しますので、頭痛の原因になります。片頭痛の人はお酒を飲むと症状が悪化してしまいます。

○脱水症状

さらに、アルコールは利尿作用があり、脱水を誘発しやすいので、脱水症状による頭痛やのどの渇き、だるさなどを起こします。アルコールの利尿作用で気を付けておきたいのは、飲酒により摂取した水分以上の水分が失われてしまうという点です。

ビール500mlを2本飲むと1L近くの水分が失われてしまいます。そのため、熱中症予防にビールを飲むという高齢者がいましたが、最も危険な行為です。絶対に避けたいことです。

○頭痛、倦怠感

肝臓は糖分をグリコーゲンに形を変えて貯蔵し、必要に応じて供給していますが、この貯蔵量は多くても8時間程度です。アルコールを摂ると、分解するために肝臓が働くため体に供給される糖分が不足してしまいます。

そして、脳の糖分が不足し低血糖状態となるため、身体のだるさ、頭痛、筋肉痛といった二日酔いの原因となります。アルコールを飲むと、体が痛くなるという人は、このタイプです。

○その他の症状

このほかにも、胃酸過多による「食欲不振」や「吐き気」、低血糖が原因の「脳貧血」、脳貧血が原因の「めまい」「ふらつき」、「前失神」という症状があります。

対策・予防~水分をたくさんとりましょう~

昔からよく言われているのが、アルコールの吸収を少しでも抑えるために「牛乳」を飲むことですが、実際にはアルコールで流されてしまい、あまり効果がないことがわかっています。

同じような効果があるもので、流されにくいのが「ヨーグルト」や「チーズ」で、牛乳よりも効果があります。

もちろん、「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」など、専用のドリンクがありますが、こういったものはさらに、二日酔い予防効果をドリンクにしたものなので、確かに、飲み会の前に飲んでいくと、高い効果があると言います。

では、二日酔いになってしまった場合はどうしたらいいでしょうか?二日酔いには様々な種類があるので、一番は症状にあった対策をとることが大切です。

まず、血管が拡張したことによる頭痛は、ズキズキとしますので、その場合は血管を収縮させましょう。血管なんて簡単に収縮するの?と、思ってしまいますが、皆さんはよく血管を収縮させるものを口にしています。

血管収縮作用の代表はコーヒー、緑茶、紅茶などのカフェインです。さらに牛乳に含まれるセントロニンにも血管収縮作用があります。コーヒーは胃が…という人は緑茶やミルクティーを飲んでも良いですね。

○喉の渇きは脱水のサイン

脱水が原因の場合は喉も乾いてきます。脱水ですから、一番いいのはスポーツドリンクです。最近、お酒の後にポカリスエットやアクエリアスを飲む人がいるのは、そのためです。
また、最も早く糖分を素早く補給、吸収するのは「ブドウ糖」と「果糖」です。

スポーツドリンクで脱水を止めるだけでなく、低血糖も直してくれます。スポーツドリンクがない場合は果実のフレッシュジュースが一番です。

めまいやふらつきを感じる頭痛でも、まだおつきあいをしなければ、という時はオレンジジュースをお願いしましょう。オレンジジュースは、血糖値をあげ、脱水も予防します。

○胃酸過多の辛い症状には

胃酸過多による吐き気が起こったら、最も良いのは二日酔いに効果があるドリンク剤です。さらに昔からの消化不良を直す方法で、水200mlに小さじ1の重層を入れた、重層水を飲むか、生姜湯を作って飲む、というのがあります。

生姜は胃もたれに効果がありますので、朝の味噌汁や紅茶に生姜を小さじ1入れて飲んでも効果があります

まとめ

二日酔いは、体調を崩すだけでなく、周囲に迷惑をかけることもあります。アルコール中毒になるほどの飲みすぎは、命を落とす危険もあるのです。自分のアルコール分解能力を知って、アルコールと上手にお付き合いしましょう。